よくあるご質問

【Excel】【Word】図形の中に文字を入力する方法

図形を挿入後に続けてキーボードで文字を打つと、文字の入力ができます。

Check!

Excel、Word、Power Pointの、どのソフトでも操作手順は同じです。
今回は例としてWordで操作します。

文字を入力する方法

1.[挿入]タブ→[図形]→表示された一覧から任意の図形をクリックします。  ※ここでは例として、[正方形/長方形]を選択しています。

2.ドラッグして希望の大きさの図形を挿入します。

3.そのまま続けて文字を入力すると、図形の中に文字が入力できます。

Check!

以前のバージョンのOfficeでは、上記の手順で文字を入力できない場合があります。
その場合は、図形を右クリックし、「テキストの追加(X)」をクリックすると文字の入力ができます。

文字の配置や図形の色などを編集する方法

1.図形を右クリックし、[図形の書式設定(O)]をクリックします。

2.「図形のオプション」の[塗りつぶしと線]をクリックすると、図形の塗りつぶしや線の色、幅、線の種類などが変更できます。  今回は例として、[塗りつぶし]は[塗りつぶし(単色)(C)] [色(C)]はオレンジ、[線]は[線(単色)(S)]、 [色(C)]は緑、[幅(W)]は5pt、[実線/点線(D)]は[点線(丸)]を選択しています。

3. 「文字のオプション」の[文字の塗りつぶしと輪郭]をクリックすると、文字の色を変更できます。  今回は例として、[文字の塗りつぶし]は[塗りつぶし(単色)(S)]、 [色(C)]は黒を選択しています。

4. 「文字のオプション」の[レイアウトとプロパティ]をクリックすると、文字の配置や文字列の方向を変更できます。  今回は例として、[垂直方向の配置(V)]は[上揃え]を選択しています。

 [文字列の方向(X)]で[縦書き]を選択すると縦書きにすることもできます。

この回答はお役に立ちましたか?

リモートサポートサービス会員様はチャットでオペレーターに質問できます。下のボタンを押してください。

リモートサポートサービス会員様はチャットでオペレーターに質問できます。
下のボタンを押してください。

QRコード
QRコード

疑問をLINEで解決!

左のQRコードを読み込んでお友だち登録すると、
LINEで手軽にお問い合わせができます。